カウンセリング

泊まり込みでの療養もある

つらいうつ病の症状に悩まされているのなら、入院施設があるクリニックや病院に通うことを考えましょう。そちらを利用すれば、ドクターがうつ病の症状が重いと考えた場合は、完璧なサポートがある泊まり込みでの療養を受けられます。

詳しく見る

女性

薬の働きを知る事が大切

抗うつ剤による副作用について不安感を持つ人がいますが、うつ病は早期治療により完治させる事ができます。薬に対する理解を深め、早く専門医を訪れる事が必要です。通院か入院となりますが、費用についての各種支援制度についても調べておく事が必要です。

詳しく見る

女性

患者数の多い精神病

うつ病は治すのが難しい病気で、入院が必要になってくるケースもあるので治療の費用が高くなることがあります。薬を使わない治療方法や、治療に掛かる費用の相場をある程度把握し、万が一の時のために備えておきましょう。

詳しく見る

周囲から見ても明らか

女医

スタートが肝心

うつ病では、深い落胆や絶望、空虚感など、はっきりほかとは区別できる性質の抑うつ気分があらわれることがあります。加えて、決まって朝に悪化する場合は、入院治療を考える必要があります。こうしたメランコリアを伴ったうつ病は、既に重症化していることがほとんどです。ほかにも通常の起床時間よりも2時間ほど早く目覚めてしまう場合や、明らかな食欲低下、または体重減少がみられるようなら注意が必要です。動作が鈍くってしまったり、口数がだんだん減ってきて声が小さくなっていく場合も同様です。一方で、周囲の人が異常だと感じるほど、落ち着きがなく体を動かす場合も、症状が悪化していることが考えられます。根拠もないのに必要以上に自分を責め続ける場合も、医師から入院を勧められることがあります。周囲の人が、気を付けてみておくことが大事です。そして、うつ病には、まれに緊張病のような症状を伴うこともあり、興奮と混迷を繰り返すこともあります。体は硬直して動かすことができず、呼びかけても返事をしなくなる時期があります。かと思えば、異様なまでに活発になり、目の前にいる人の動作や言葉をオウム返しのように真似ることもあり、特殊なうつ病のタイプです。このようなタイプのうつ病となると、やはり自宅療養で通院治療を行うというわけにはいきません。一度、入院をして、適切な治療を受けて、専門医のそばで回復を目指す必要があります。とはいえ、強制的にということは、そうありませんので、医師と相談しながら決めていくことが大事です。うつ病の治療というと薬を服用したり、カウンセリングなどで専門医や専門家にすべて委ねるものと考えられがちです。しかし、本人が意識的に行わなければならいことがあります。それは、十分に質の良い休養を取ることです。まず、うつの重症度により、どれぐらいの休養を必要としているのか、医師から説明を受けます。仕事や家事を続けながらでも問題がないのか、すぐにでも休職して自宅療養あるいは入院が必要な程度なのかを把握します。日本人の中でも、特にゆとり世代よりも上の層は、休むことに抵抗がある人がほとんどです。また、うつ病の症状により、休むことに対する不安が強くなる人もいます。しかし、医師から休養が必要だといわれている時期に、無理をしても効率は上がらないどころか、自分を余計に追いつめることになります。休むことは、うつ病の人にとって、決して怠けではなく、治療の一環です。このことを気づけるか、気づけないかは、とても重要なことです。治療のスタート時に休養できなかった人は、かなりの確率で慢性化してしまいます。入院するほど重度ではないうつ病の人が多いですが、ゆっくりと休める環境が確保できないのであれば、入院治療を行うのも一つの方法です。効率よく、心のエネルギーを充電した後に、状態をキープするために自宅療養に切り替えることも可能です。治療の最初で躓くと、症状の悪化はもちろん、治療期間も長引きますので、休職期間もそれに伴い長くなってしまいます。一番早く回復できる道を選びながらも、焦らずに治療していくことが大事です。

Copyright© 2018 入院をしてうつ病治療に専念!【十分に質の良い休養を取る】 All Rights Reserved.